カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

大将錦開発ヒストリー

    13歳の夢



私は物心ついたときから たくさんのさくらんぼの木に囲まれて育った。


周囲には さくらんぼを3000貫(約10トン)収穫する農家が何軒かあった。

しかし、我が家の畑は面積も少なく作るのも下手、収量はごくわずか・・・。

そのため、中学生のころから他の農家へ 収穫の手伝いにいった。

なぜ ウチはとれないのか?

それが悔しかった。



そして13歳のとき、日本一のさくらんぼ作りを志す。

私はさくらんぼバカになった。

いつしか周囲から 「さくらんぼ大将」 と呼ばれるようになっていた。


   畑じゅう 這いつくばって探す


さくらんぼをたくさん作っていくなかで、根が腐り 枯れていく病気に悩まされた。

そこで、病気にかかりにくいとされる実生苗(ごく稀にタネから育つ木)を、畑じゅう這いつくばって、雑草のなかから探しまわった。

タネから育った木は、親の木とは違う実をつける。

数年かけて数百本の実生苗を集めて育てた。

集めたなかに、 ひときわ秀でたものがあった。

今までにない特性をもっていたことに注目し、大変優れていることから、「大将錦」と名づけ 品種登録をした。

その間、20年以上が経っていた。



勇さくらんぼ写真




ご購入はこちらからできます。

ページトップへ