サルナシ

サルナシ(さるなし)

サルナシとは
山に自生するマタタビ科の果物です。
サルが好んで食べたからサルナシと言われてきたようです。
オスメスがあり、メスしか実がつきません。

こくわ、ベビーキウィとも言われて売られています。
外見も味もキウィのようです。

サルナシと一口でいっても品種があります。
貫太郎、里泉、長寿郎などです。
大玉タイプは外見がよくて、サイズも手ごろで食べやすいです。
でも私は 味は小さ目タイプのほうが美味しいと感じます。
さるなし実300
収穫期や食べ方など
9月末から10月くらいが収穫時期です。
農園のぶどうの木の脇に植えてあります。
秋のくだもの狩りに来て、時期があえば、見たり食べたり買ったりできます。

収穫直後はかたいですが、常温で数日たつと柔らかくなり甘みも強くなってきます。

実のはじっこを指でちぎって中を吸い出すように食べます。
ぶどうを食べる感じに近いですね。
皮ごと食べても違和感はないようです。

サルナシの中

サルナシ酒は、果実酒のなかで一番おいしいとも言われています。
よりおいしくするコツは、サルナシを多めにいれること。
半年以上ねかせること。
しわしわサルナシの比較サルナシ 畑たわわ
ご注文はこちらをクリック

fax注文用紙 

栽培作物一覧農園の生立327農園の一年新

さくらんぼお届けについての注意

レビュー100ポイント

ポポーバナー18050サルナシバナー18050

カレンダー
  • 今日
  • 休み

感動くだもの産直農園 上山フルーツ園

農園入口猫

《店長ご挨拶》
さくらんぼの産直をはじめ、果物を作って販売している山形県上山市の農園です。大将錦など農園で開発した品種多数。幻のプラム月光も栽培しております。販売している果物はすべて農園で育てた果物です。あなたの心を動かすような果物をお届けしたい。よろしくお願いします。

店長日記はこちら >>

ページトップへ